全暗黒で感光材料の裁断
佐藤裁断について 全暗黒裁断 会社概要 お問い合わせ

紙の裁断も承ります

【暗室での裁断以外にも紙の裁断承ります】
御客様各位

 ここのところ、暗室での印画紙裁断ではなく、一般的な紙の裁断について裁断の問合せをよく頂きます。
結論から申し上げますと、裁断は可能です。 
お困りでしたら、用途、素材、必要サイズなどお聞かせください。
数個単位でのご依頼、断裁のみのご依頼でも、ご相談ください。

【お断り】
 弊社の設備は暗室で印画紙を裁断するための設備となります。
1,000枚、3,000枚といった“数モノ”のご依頼となりますと、
設備的な面よりコストが見合わない可能性がございますこと、ご承知願います。

 また暗室での作業が詰まっておりますタイミングでは、少々お時間を頂く場合がございます。
こちらも合わせて、ご理解頂けますよう、お願い致します。

令和元年8月27日
佐藤裁断   代表 佐藤慎三


ご挨拶(10年目を迎えて)

【皆様へ感謝の気持ちをこめまして】
御客様各位

 2018年12月14日を迎え、佐藤裁断(旧名ロングホーン)は10年目に入りました。
これまでの月日、営業を続けてこれましたのは、すべてにご依頼くださる皆様のおかげです。
本年も何卒よろしくお願い致します。

平成30年12月20日
佐藤裁断   代表 佐藤慎三


お知らせ(業務引き継ぎのご案内)

【業務引き継ぎのお知らせ】
御客様各位

 先般、業務終了のご案内を差し上げましたところ多方面の、特に暗室裁断を必要とされている御客様から業務
継続のご要望が有り、「作り貯め」のご依頼も多数御座いました為、ここでの業務の終了は断念致しました。
しかしながら弊社が携わって参りました事業を取り巻く環境は更に厳しく株式会社は解散せざるを得ません。
 平成27年5月末日を以って株式会社ロングホーンは解散しますが、現在御予約頂いている加工がございますの
で、6月1日からは個人事業所「屋号;佐藤裁断」として、今までと同じ場所で、同じ作業環境で、同じ人間が
加工業務を継続する事と致しました。 今後も電話・ファックスは継続して使用できますので、今まで通りの御
利用をお願い致します。

 重ねまして、皆様にご迷惑をお掛けしました事をお詫び申し上げます。

平成27年5月19日
株式会社ロングホーン   代表取締役 佐藤慎三


お知らせ

お知らせ
■ 2018.12.20  年末年始のお知らせ。
            12月29日(土)から1月3日(木)までお休み致します。
1月4日(金)は営業致します。 何卒よろしくお願い致します。
■ 2015.05.19  業務引き継ぎのお知らせ。
■ 2015.03.13  諸般の事情により、本日をもちまして現像作業を中止させて頂きました。
■ 2013.10.08  料金を、税別表記にしました。


全暗黒裁断があなたのご要望にお応えします。

神奈川県横浜市の佐藤裁断は、印画紙などの感光紙や感光フィルム、感光材料の裁断やサイズ加工を行います。
印画紙などの感光材は、本来の使用目的以外には微かな光(可視光)も許されない素材。全暗黒での作業が要求されます。デジタル化の波の中にあってもひとつの選択肢としてこうした感光材料は必要です。ロール印画紙やフィルムを「スリッター」でスリットし、シート印画紙やフィルム、その他の感光材料を「断裁機」で裁断することで佐藤裁断は皆様のご要望にお応えします。また、印画紙やフィルムに限らず全暗黒を必要とする素材がありましたら佐藤裁断にご相談ください。

佐藤裁断について詳しく見る

佐藤裁断について詳しく見る


全暗黒裁断があなたのご要望にお応えします。

現在、暗室で感光材料を裁断している企業は数少なくなっています。印画紙やフィルムなど感光材料の需要が減少する中、それを供給するメーカーも一部フィルムや印画紙の生産を中止したり、種類を限定したりする傾向にあり、必要としている人が必要なサイズの印画紙やフィルム、その他感光材料を手に入れる事が難しい状況になってきました。
佐藤裁断は暗室でスリッターや断裁機を使用できる環境を作り上げましたので、既製品のままではお手持ちの機器に合わないロール印画紙・フィルムなどを必要なサイズにスリット・裁断する事が可能です。もちろん、大きなシートから様々なサイズのシートを切り出す事もできます。
印画紙やフィルム、その他作業中に光を当てられない感光材料のサイズ変更が必要な時は、是非佐藤裁断にご相談下さい。
佐藤裁断は従来の感光材料に愛着を持ち、その良さも知っている方々のお手伝いをしたいと願っています。
明室で作業できる感光材料以外のスリット、裁断もお引き受けできますのでお申し付け下さい。

印画紙・感光材料・その他裁断 受注の流れ

佐藤裁断は感光材料にこだわりを持っている方達を応援しています。

佐藤裁断は感光材料にこだわりを持っている方達を応援しています。すでに市場では出回らなくなってしまい必要にもかかわらず手に入れることの出来ないサイズの印画紙などまずはお気軽にご相談下さい。もちろん、暗室でなくても作業の出来る素材(紙・フィルム)の裁断も承れます。


印画紙・フィルム等感光材料の全暗黒裁断・現像は佐藤裁断にご相談下さい。
pagetop

ページの先頭へ戻る

ホームページ制作
ホームページ制作